ヒアルロン酸ナトリウムのサプリ|機能性表示食品一覧

ヒアルロン酸ナトリウム配合のサプリ(機能性表示食品)をまとめました

こちらではヒアルロン酸ナトリウムを使ったサプリメントで、事業者が消費者庁に科学的根拠を届け出た機能性表示食品をご紹介します。

 

機能性関与成分がヒアルロン酸ナトリウムと、どのサプリメントも同様なので、それぞれ他の商品との違いを調べています。

 

ヒアルロン酸サプリを探すときの参考にしてください!

 

ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアルロン酸Na)の機能性表示食品

ヒアロモイスチャー240

販売会社:キユーピー株式会社

 

届出番号 A4
届出日 H27.4.13
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naは肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 120粒(30日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 240mg
通常価格 5,400円
定期価格 初回1,780円
2回目以降5,130円
他商品との相違点 ヒアルロン酸Naの摂取量が240mgと他の商品の2倍です。

 

ディアナチュラゴールド ヒアルロン酸

販売会社:アサヒフードアンドヘルスケア株式会社

届出番号 A5
届出日 H27.4.15
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naは肌の潤いに役立つことが報告されています。
内容量 15粒(15日分)
30粒(30日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 15日分1,080円
30日分1,728円
他商品との相違点 15日分のお試しサイズがあります。

 

プレミアリッチ パーフェクトアスタヒアルロン酸パウダー

販売会社:アサヒフードアンドヘルスケア株式会社

届出番号 A52
届出日 H27.5.29
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naには肌のうるおいをサポートすることが報告されています。
内容量 20包(20日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 1,534円
他商品との相違点 パウダータイプのヒアルロン酸Naサプリメント。個別包装されていて、持ち運びに便利です。だけでなく、エラスチン80mgを配合しています。

 

うるおうヒアルロン酸

販売会社:株式会社メロディアン ハーモニーファイン

届出番号 A88
届出日 H27.8.10
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naには肌の水分を保持し、肌の乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 210g(30日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 150mg
価格 640円
他商品との相違点 パウダータイプで個別包装はしていません。計量スプーンが付属されていて、1日7g摂取します。

 

素肌うるおいヒアルロン酸

販売会社:オリヒロプランデュ株式会社

 

届出番号 A92
届出日 H27.8.12
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naは肌の潤いに役立ち、乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 240粒(30日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 2,798円
他商品との相違点 ヒアルロン酸Naだけでなく、エラスチン80mgを配合しています。

 

ヒアルロン酸α

販売会社:株式会社ファイン

 

届出番号 A97
届出日 H27.8.20
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naには肌の水分を保持し、肌の乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 400粒(約40日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 10,260円
他商品との相違点 ヒアルロン酸Naだけでなく、魚由来のコラーゲンペプチド1,000mg、鮫コンドロイチン含有物200mg、プラセンタエキス100mgが配合されています。ヒアルロン酸Naの機能性表示食品では一番高価なサプリです。

 

ファイン高純度ヒアルロン酸サプリ

販売会社:株式会社ファイン

 

届出番号 A121
届出日 H27.9.9
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naには肌の水分を保持し、肌の乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 60粒(約30日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 980円
他商品との相違点 1日2粒と飲みやすい量です。

 

白酵ヒアプラ

 

販売会社:株式会社ナチュラルガーデン

 

届出番号 A214
届出日 H28.2.3
表示しようとする機能性 本品にはヒアルロン酸Naが含まれています。ヒアルロン酸Naは肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があることが報告されています。
内容量 50ml×10本(約10日分)
1日に摂取できるヒアルロン酸量 120mg
通常価格 6,264円
他商品との相違点 ドリンクタイプのヒアルロン酸Naサプリメント。1本にヒアルロン酸Naだけでなく、発酵プラセンタ35,000r、コラーゲン3,000mgが配合されています。

 

ヒアルロン酸Na(ヒアルロン酸ナトリウム)ってどんな成分?

ヒアルロン酸ナトリウムというのは、ニワトリのトサカからタンパク分解酵素で加水分解したり、弱アルカリで抽出して得られる白色から薄黄色の粉末。

 

最近では、微生物を使った発酵法でも抽出できる技術が開発されました。

 

分子の中にとてもたくさんの水分を含むことができることから、強力な保湿成分として、化粧水や美容液、目薬、サプリメントなど、広く応用されています。

 

ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアルロン酸Na)の具体的な科学的根拠

ヒアルロン酸という成分自体は、もともと体内のいたるところに存在していますが、化粧品やサプリメントに配合されるときは、ヒアルロン酸ナトリウムという形で配合されます。

 

商品の原材料で「ヒアルロン酸」と表示されているのは、ヒアルロン酸ナトリウムに該当します。

 

近年、ヒアルロン酸ナトリウムを使ったサプリメントを経口摂取することで肌の乾燥が緩和する機能が認められ、その研究データをもとに消費者庁に届け出たものが機能性表示食品として発売されています。

 

例えば、こちらはキューピーの研究データ。

 

引用元:http://www.kewpie.co.jp/

 

37歳から59歳までの乾燥肌でお悩みの方39名を対象にした研究結果です。

 

ヒアルロン酸ナトリウム120mgを摂取する方19名と、摂取しない方20名に分け、前者の方にヒアルロン酸ナトリウムが配合されたものを、後者の方には配合されていないものを1日1回朝食後に摂取する試験を6週間行ったそうです。

 

すると、ヒアルロン酸ナトリウムを摂取した19名は、しなかった20名と比べると、摂取後3週間後には頬の皮膚の水分量がアップしたことが報告されたとのことです。

 

このことを科学的根拠として、消費者庁へ届け出ることにより、サプリメントのパッケージなどに

 

「ヒアルロン酸Naは肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能があることが報告されています。」

 

と、機能を明確に表示できるようになったというわけです。

 

機能性表示食品なら安心?ヒアルロン酸サプリメントの選び方

上記のように、科学的根拠がはっきりしていると、消費者としてはわかりやすいですし、選びやすいですよね。

 

ただ、気をつけなければいけないのは、機能性表示食品はあくまでも事業者が科学的根拠を届け出た食品だということ。

 

特定保健用食品、いわゆるトクホのように、消費者庁長官による個別審査を受けて許可を得ているものではありません。

 

そのため、その科学的根拠が本当に正しいものなのかという判断をするのは消費者の目にかかっています。

 

上記に挙げたヒアルロン酸サプリメントも、機能性表示食品という記載があるからと、安易に信用するのではなく、製品や、その製品を作った企業の社歴や実績、社会への貢献度などを見ることも大切。

 

原材料は信頼できるか、お客様専用の相談窓口があるか、事故対応能力の高い会社か、ということも踏まえて判断し、安心して口にできるヒアルロン酸サプリメントを選んでくださいね。

 

ヒアルロン酸サプリメントランキング

 

こちらでは、信頼のおける人気のヒアルロン酸サプリメントを厳選してランキングしています。

 

機能性表示食品だけでなく、お肌をトータルでケアできるヒアルロン酸サプリもありますので、ぜひのぞいていってみてくださいね。